こんにちは。エガリテです。

 

やる気がでないときには運動をしたほうがいい。と言うのは通説ですし

実際に僕もよく運動は生活に取り入れているんですが

 

まぁ確かに運動をすると自分自身と向き合える感じもあり

体調は間違いなく良くなります。

 

 

で、今回はなんでやる気がないときに運動したほうがいいのか?

ということをエネルギー的な観点からお話していきます。

 

やる気の不調は、精神と肉体のバランスが崩れることに寄って起きる。

 

これは昔僕が沖縄で行われた

20万円の人間学セミナーに参加した際にいわれた言葉ですが

いかんせんその話は間違っていなかったなと。

 

その時の講師曰く、

人には精神的な体力と肉体的な体力の2つがあって

この2つのバランスが崩れると不調になる。ということです。

 

つまり、

肉体体力80 精神体力20

肉体体力20 精神体力80

 

こういったときは肉体と精神のバランスが崩れているってことです。

 

で、バランスが崩れているときにはどうしたらいいのか?

と、後者の場合は肉体が疲れているので

ただ寝るだけ。でもバランスはとれます。

 

実際問題疲れている時に思いっきり寝て、次の日が快調になるのは当たり前の話ですね。

 

で、問題は前者

肉体体力が80あるのに精神体力が20の状態の時。

 

いわゆる、よく寝たはずなのにイマイチやる気ね~って時ですね。

こういうときの回復方法は2つで

 

・ 人から「ありがとう」と言われるような行動を積み重ねる

・ 体をとにかく疲れさせるため運動する

 

の2点です。

 

一つ目は精神体力を回復させる方法です。

人からお礼を受け取るってことはエネルギーをもらうってことですから、

それが活力になるので精神体力は回復します。

 

そして二つ目は単純に肉体体力を使う。ってことです。

そのための運動。ですね。

 

 

大事なのは、運動をすることではなくて「肉体と精神のバランスを整えること」

ということです。

 

そして大抵の場合の不調は、肉体体力は余っているけども

精神体力が摩耗している。事が多い。

 

だから、やる気がでないときには運動が推奨されている。

ということになるんですね。

 

事実、これは非常に効率的な考えだし、理にかなっているなと。

実際問題人からありがとうと言われることを思い立ってしようと思っても

そのやる気は沸かないかもしれませんが

 

運動はとにかく身体を動かせばいいだけなので、シンプルです。

 

というわけで、運動をすると仕事のやる気が出ることは

肉体と精神のバランスが取れるから。

 

そこもまた一つの理由であることを覚えておくといいですね。

 

ちなみに、肉体体力を使ったら、精神も肉体も体力なくなっちゃうじゃん!!

っていう意見が出そうですが、

 

基本的にバランスが取れると、肉体体力の回復ともに、精神体力も回復します。

(多分運動した後に勉強したら定着率がいいとかはそこも関係あるのかなーと)

 

 

ちなみに運動が心に対してどういった意味で効果が良いのか?

脳内物質に対してどういう反応を起こすから効果を発揮するのか?

という点に関しては

 

オススメ本まとめの記事で書いてある。

脳を良くするには運動しか無い。という本を読むといいですね。

 

 

 

============================

記事執筆者はこんなひと→プロフィール。

 

このブログの人気記事はこんな記事→人気記事一覧