こんにちは。田岡です。

本日は知り合いの経営者のタワーマンションに来ております。

あまり都内のタワーマンションって登った経験はなかったのですが、めっちゃいいですね。。。

僕はどちらかというと安易にタワマンに対してすげー!!!憧れるー!!!っていう感情は浮かばないタイプではあるんですが、この年になってこの時期になってこういう高いところに住むっていうのはセルフイメージのアップのために重要なんだな―って思う次第でございます。

そんなわけで今日の本題へ。

副業解禁のこの年に、人生をどう「投資」するか?

2018年は調べてみたところ、副業解禁元年。とも呼ばれていて、どうやら巷では「副業解禁」という流れが強まっているみたいです。

大企業でも副業をOKしたり、「生き方の自由」という点に注目が集まっている感覚がありますね。

結局の所、僕たちは日々時間という資産を使って生きているわけでして、「この時間という資産」を何に対して投資するのか??ということは自分の人生を高める上で非常に重要な選択になります。

有り体に言えば、会社員はその会社に対して自分の人生の大半を投資するわけです。

そしてその投資の対価として、給料や福利厚生、人間関係や経験などのリターンを得る。と。

別として個人で活動をしている人は、いわば自分自身に投資をしているわけですよね。

自分自身に時間を投資して、その結果としての経験や報酬などのリターンを得ている。と。まぁ広い範囲で言えば結果的に自分に投資をしているんですが、この際はおいておきましょう。

で、よくいるような「会社員勤めしていても先はないよ!!自分で起業したほうがいい!!」っていう人は言い換えれば「会社に投資をするリターンよりも、自分に投資したほうがリターンが大きいよ!」と話しているわけで。

一方で、「会社員にいたほうが安定があるし守られる。起業して一文無しになってすべてを失った人もいるし、それよりもしっかりとした土台があったほうが良いよ!」という人がいるわけですが、この人達も「自分に投資して帰ってこなかった場合は危ないよ、だからちゃんとリターンが保証されている会社に投資すべき!」と話しているわけです。

「起業・独立」か「雇われ」かどっちがいいのか??

というのは、ある意味ずっと話されてきたテーマだと思います。

ただ、僕が考える意見としてはそもそもとして「会社に所属するか?自分でやっていくか??」という二元論の選択から選ぶのではなくて、「ちゃんとリターンが得られる、そして多い投資先を選びましょうね」ということができれば、選択なんてなんでもいいのではないでしょうか?と思うのです。

あくまで個人的な解釈ではあるんですけどね。

むしろそういう流れが出来ているからこそ、「副業解禁」という風潮が存在しているんだろうなとも思うんです。

今までは「起業・独立をするのか?」、それとも「会社員として勤めていくのか??」というある意味極端な選択肢しかなかった。

だけどもより柔軟で、より自分に合わせた生き方をカスタマイズすることで、自分の人生を楽しめる可能性はより増えてきた時代になっていくんじゃないかなと。

個人的には僕は分散投資をオススメしていきたい。

これは僕自身が今日経営者さんと話していた話でもあるんですが、僕の個人的なおすすめは「分散投資」をおすすめしていきたいなーというところです。

分散投資とはなにか?というと、いわゆる会社に所属しながらも、自身で活動する。または色んな会社に所属するようなハイブリット形といいますか。

まず第一の理由は「一点集中の投資というのは結局の所リスクがでかい」と僕は感じるのです。

独立起業のリスクは言わずもがな、「稼げなかったら一文たりとも自分にお金が入ってこない」ということです。

反面雇われのリスクは「浮くも沈むも一つの会社に依存するので、自分での取れる選択肢が少なくなる」というのがあります。

別にリスクがでかいことがダメなわけではなくて、僕はそういうリスクは取りたくない。と考えるタイプということです。

 

例えば、僕はメインは会社に属して働いているのですが、正直な所独立しても全然自由にやっていけるだろうな。とは思ってます。

それなりに経験はありますし、経営経験とスキルという面でも、やれることは多いです。お金を稼ぐことも出来るとは思うし、幸せにも生きれると考える。

だけども。それじゃあなんで今その会社にいるのか??ってことをぶっちゃけちゃいますと、はこの会社にいることで一人では見れない景色を見れる。その経験ができることを確信して、その可能性に投資しているから」なんです。

僕のメインの投資先はこの会社である。僕はそう決めているんです。その基準の決定方法などはまた今度お話しますが。

ただ、正直な所、若いうちは会社メインとか何かしらメインで突っ走って問題はないとも考えます。それでもある程度年をとってくれるとどうしても先のことを考えてきます。結婚して、子供が出来たりなど、親の関係など、お金や時間の兼ね合いとかもいろいろと考える必要があります。

そうなったときに僕は一つに依存するリスクは取りたくない。というのが先程の言葉の真意です。

むしろそこに一つに依存しないからこそ、そのメインに対して本気で頑張れるしフラットになれる。側面もあります。

他の分散投資先で得たものをメインに回してくことで更に利益を得る。。。。まぁこの場合の利益は単純なお金とかではないんですが、そういう循環を起こしていくのがいいですよね。と。

 

一つの選択肢に対してフルコミットしないとダメ。そういう覚悟じゃないと結果が出ないよ。という人もいますが、少なくとも僕は色んな所に所属して色んな所からの知識、経験を組み合わせていったほうがより良い結果が出るし、パフォーマンスが上がる人間でした。

なので僕は分散投資をオススメしますが、あくまで自分にあった投資の型を見つけられると人生は楽しくなるよなーと思います。

本当に人生は投資だと心から思いますし、自分で自分の人生をデザインしているような人は、この自分にあった投資のやり方を探し続けることを継続してきた人だったなーと思い返してみても思います。

「分散投資法」是非参考にしてみてください^^

今日の一言

憧れっていうのは誰しもがあって、こういう人になりたい、ああいうことが出来るようになりたい。その環状は本当に綺麗なものだし素晴らしいものだと僕は思う。ただ、それでも人にはタイプや性質っていうものがあって、仮に本当に尊敬していて、めちゃくちゃデキる人が言った言葉だったとしても、自分がそれを目指さない方が効率的。という話だってある。

「俺だったらこうする」という話は多くの人が言うかもしれないが、それはあくまで「俺だったら」という話であって「あなたであったら」という話ではない。

自分の本来の強みを活かすために、本来の自分の完成形を目指していく。

そのために、もし未来の理想の自分だったら、この瞬間に何をするのか??というところから考えていくと、その未来の自分に一歩ずつ近づいていくことが出来ます。

誰かが言ったことを真似するというのも大切ですし、その上での、自分の答えを見つけ出していくことが重要だなと感じる次第です。

 

============================

記事執筆者はこんなひと→プロフィール。

 

このブログの人気記事はこんな記事→人気記事一覧