こんにちは、田岡です。

最近仕事の量が大量にありすぎて忙殺されております。

実際はやることっていうのはそこまででもないんですけどね、ただ「人は考えることが多すぎると手が止まる」のでこれは良くないなと。

なので、さきほどもドバーッとやることをノートに書きなぐって何が原因なのか??を洗い出してきた次第です。

脳内会議をしてきた結果、まずはブログを書いてしまおう!!と考えたので、早速ブログを書いていこうかなと^^

 

というわけで(どんなわけだ)本日はインサイダーギルドメンバーからの質問に回答します。

トップダウンとボトムアップはどちらのほうがいいのでしょうか?

質問を噛み砕きかもしれませんが、、、

この方はインサイダーギルドに所属していて、会社で管理職をやられているということでした。(インサイダーギルドはこちら

その時点でもう僕としては共感要素バリバリ過ぎてやばいんですが。。。

その方いわく「自分が上司として部下に接する際に、トップダウン形式がいいのか、ボトムアップ形式がいいのか悩んでいる」ということでした。

いちおう、言葉の意味に関して触れておくと、

トップダウン:木構造の上位から下位に向かって段階的に処理する手法。 対義語はボトムアップ手法である。

ボトムアップ:システムや理論を作るとき、細目・具体的事実から全体を積み上げるような仕方で目的を達し体系化する方式・態度。

という感じです。これだけだとわからない説明になっちゃうので、簡単に経営上の説明をしますと、

トップダウン経営・・・いわゆる上司が部下に対して一方的に伝達して業務に当たる経営。体育会な経営のイメージ。

ボトムアップ経営・・・みんなの意見、部下の意見を拾い上げて、方向性を決定するような経営、和気あいあいとした経営のイメージ。

で、こういう感覚で書くと、トップダウン経営は厳しい、人が着いてこない。という意見もよくありますが、ボトムアップ経営も弱点はあって、リーダーシップを発揮する人間がいないと物事が進まない。無理をするような火事場の底力が発揮しずらい。というそれぞれ一長一短あります。

 

なので、まずどっちがいい??という視点はなくて、どっちもいいというのが第一の前提になるかな。というのが僕の考えです。

その上で、ボク個人のお話を例に例えて、推奨する方は

自分の能力が圧倒的に優れているならばトップダウン、そうではないならばボトムアップ

この形式が良いかなーと思ってます。

僕自身の経験でしかありませんが、僕の上司は圧倒的なトップダウン形式の経営者でした。

で、僕は社会人経験もなく、当初から上司の立ち位置だったので、それを真似てリーダーシップを発揮していた時期もあります。

それでうまく行っていた時期も確かにあったのですが、、、

 

うまく行っていた時期は社員が育つまでの間で、社員が育ってからはその経営方針で大きな壁にぶつかりました。

単純に上から命令されるって人は大きなストレスがかかるんですよね。もちろんそれが正しいとわかっていたり、しっかりとした上下関係が出来ていたらいいのですが、当然、部下だって自我があるし、仮に意見が間違っているとしても頭ごなしに否定したら怒ってしまい、話を聞いてもらえなくなってしまいます。

現に僕は一度社員を敵に回して、圧倒的な孤独を味わってしまった時期がありました。

 

また、ボトムアップもボトムアップで、自分でリーダーシップを発揮しない場合は、周りの人に流されてばかりのつまらない人になってしまう可能性も全然ありえます。

(僕も一時期この状態になりましたし、そういう時期で悩んでいた経営者さんもいました)

 

なので、僕は今はメインはボトムアップでやりつつも、やるべき時はトップダウンで行くようにしよう。って考えています。

基本的には周りの意見は尊重するようにしたほうが、無用な問題は起こりえないのでそちらのほうが非常にいいなーって考えている状態です。

どちらがいいじゃなくてバランスを考えていく

これが僕的にはおすすめです。

あくまで僕はボトムアップ形式寄りにいきつきましたが、このあとはトップダウンが必要にならないといけない部分もあるでしょうし、質問者さんにはそれがあっているか??というとまた違ったバランスがあるはずです。

どんな人でも僕はその人にあったバランスがあると思っているので、それはご自身のタイプと合わせて進んでいくのが一番いいのではないでしょうか?

あとは、身近でご自身のことを理解してくれている人がいたらその人に相談するのもありだと思いますし、相談が厳しければ、第三者の意見を聞いてみる。というのは一つありかなーと思います。

 

もちろん、その人の話から、その人のタイプや傾向をある程度見抜ける人にアドバイスはもらったほうがいいですし、最終的は試行錯誤をしていってご自身なりのバランスを取るのが最もやりやすい形できるのではないかなと。

ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

============================

記事執筆者はこんなひと→プロフィール。

 

このブログの人気記事はこんな記事→人気記事一覧