こんにちは、エガリテです。

 

以前拝見したことがある記事で

「ベンチャー企業の社長を滅茶苦茶にしている張本人」

 

というプレスリリースがありました。

(リンクに関しては許可を得ていないので控えさせて頂きます)

非常に感銘を受けた記事だったのと

 

その時から一ヶ月間の時を経て、自分の状況を踏まえた上で

改めて納得したので、その点に関して言及していこうかなと。

 

ベンチャー企業の社長なんて、めちゃくちゃでいい。

 

僕もベンチャーグループの幹部の一人です。

約4年間、ベンチャー企業に属していましたが、これまでにもいろんなことがありました。

 

当然ながら、社長に怒りを覚えたこともあります。

言っていることが変わったり、こちらからすると筋が通ってないように見えることが会ったり

不満がたまったこともあります。そしてそれをぶつけたこともあります。

 

そして、逆に今度は上司としての立場で

不満をぶつけられたこともあります。

人を引っ張っていく辛さを体感したこともあります。

 

そうした諸々の経験を経て個人的に思うことは

「ベンチャー企業の社長はめちゃくちゃでいい」

 

この意見には結論から言えば賛成だということです。

 

むしろ、社長がめちゃくちゃじゃないベンチャー企業なんて

大きく伸びることはありはしない。

そう思ってしまう程です。

 

めちゃくちゃだからこそ、成長する。挑戦し続けられる。

 

上記の記事の一文ではこうありました。

「創業者は、理想と現実の矛盾を追い求めることができる。

創業者以上に矛盾を追い求めることができる人は会社にはいない。

幹部だったとしても、創業者ほど矛盾を追い求められない」

 

と。

 

この一文を見た時に、僕も非常に納得しました。

あぁ、言うことが変わるのは単純なことだった。

 

矛盾する両方のものを、追い求めていたからなんだ。

 

と。

 

大抵の人は何か一つのことを追い求めることを求めます。

極論、そのほうが楽だからです。

 

方向性もブレないで済むし、やることだって明確になる。

だけども、社長、創業者というのは

何かしらの矛盾を解決したくて自身の業務に取り組んでいるはずなのです。

 

例えば、

楽をしていきたい、だけども仲間を幸せにするために働き続けたい。

みたいな。

 

そうなると、たまには楽していいよ。と言ったり

「常に働くのがベンチャー企業でしょ」と言ったり

 

一体どっちなの〜?的な疑問が湧くことは多々あります。

 

もちろん、下からすればストレスは溜まるでしょう。(現に溜まってたし)

しかし、創業者がそういう言動、行動をするのも一概に悪いことではなくて

 

下が思考停止状態にならない環境に置かれる。

 

という側面があります。

 

常に頭を回転させて、何を考えているのか?次は何をするのか?

どういった方向性に進むのか?を考えることになるので

頭が休まる暇が無くなります。

 

とすると、当然ながら、頭を使っているので成長しますし

強制的に新しいことにチャレンジすることになるので、経験面でも成長していきます。

 

もちろん、創業者も方向転換をする際には新しいチャレンジをしているわけですから

創業者は常々成長していきます。

 

実際に創業者というのは孤独です。社長は孤独。

だからこそ考えます、どういう方向性にするにしても

日々が新しい挑戦なんです。だから、結局は成長する。

 

だけども社員はそういう訳にはいきません。

自分で何かしらをやっていなければ、業務で挑戦がなければ成長ができないのです。

 

それで、社長と下の間に大きく能力値の差が開いてしまう。

 

そして仕事を任せられなくなって、段々と滅茶苦茶ができなくなる・・・

そうすると社長のストレスは溜まる。

一番動ける社長が動けなくなるわけだから、業績も伸びなくなってくる。。。

 

そういう負の連鎖を起こしている企業は意外と多いように感じます。

 

社長にめちゃくちゃになってもらうことが、幹部としての役割である。

 

今では、僕はこれを一つ意識に起きながら

幹部としての日々を過ごしています。

 

もちろん、自分でも業務に対して、挑戦はしていきます。

 

社長が滅茶苦茶できなくなっている時は

それは支える側の能力値不足だとも考えられるんです。

 

あなたの会社の社長は、めちゃくちゃに動いて

生き生きとしているでしょうか??

 

もしベンチャー企業なのにそうで無かったとしたら

もっと下にこんな能力がある人がほしい。支えてくれる人がほしい。

 

そんなことを、社長は思っているかもしれません。

 

 

 

PS.ただ・・・めちゃくちゃ。と言ってもそこに思いやりがあることは

当然ながら、大前提の話です。

むしろ、思いやりがあるからこそ滅茶苦茶しているというのが正しいのだと思っています。

 

 

それがなければ、ただの自己中な人です。

そういう滅茶苦茶には僕は付き合わなくていいと思います。

 

 

メールマガジンやっております。