こんにちは。田岡です。

 

今日は

仕事ができない人ができるようになるための方法

というすごい直球なテーマでお話できればと思います。

 

といっても僕自身も

元々はそんな仕事がバリバリできる方ではありません

が、、、、

 

ある程度色々経験してきて、

「こうすれば仕事がはかどるんだな」

と発見してきたことがあります。

 

実際にそれを教えていった結果として

ある程度は、仕事ができなかった人ができるようになっていった過程を見てきてます。

 

なので、今回はその際にお伝えしてきたことを述べていきますね。

 

 

やることを紙に書き出す

 

ビジネス的な言葉でいうと

タスク整理とも呼ばれています。

 

「to doリストを作りましょう」

とか、聞いたことはないですかね??

 

実際のところですが、「やることを書き出す」って

効率化を図る上で非常に有効な手段です。

 

 

なぜこれが有効かと言いますと、

 

人間の脳というのは常に無数のことを考えていて

その考えていることを減らすだけで、

パフォーマンスが上がるから。

 

です。

 

例えば彼女へのプレゼントを考えながら

テストを解けと言われても難しいし、

大事な人が死んだと分かったら仕事に集中することもできなくなりますよね。

 

 

すごく当然のことではあると思いますが。

 

「あれやらなきゃ、これしなきゃ!」と考えながら

目の前のことに取り組むのは非常に非効率なわけです。

 

「集中する」と決めたら気合いとかで

無理やり集中するのではなくて、

ちゃんとまず

 

「自分がやらなきゃいけないこと」をバーっと紙に書き出すんです。

 

メモ帳に箇条書きでもOKです。

 

すると「やらなきゃいけないことを自分の頭の中で覚えておく」という

無駄なエネルギーを使わなくて済むんです。

 

書くことで吐き出しているので。

 

その分のエネルギーを仕事に集中できて、

間違いなく何パーセントかは仕事の能率が上がります。

 

だから紙に「自分のやること」を紙に書き出すことで

仕事がはかどるようになるんです。

 

「なんか俺、調子出てないな..」て時は

やることを紙に書き出す。

 

これは鉄板で大事なことなので是非取り入れてみてください。

いや、本当にこれ習慣化するだけで凄い能率化出来ますので。

 

寝る前に自分のことを褒める

 

・・・怪しい。。。。ですかね??笑

 

ちょっと自己肯定的な話に入るんですが。

 

仕事ができない人って自分に厳しいんです。

 

あ、あくまで僕が見てきた統計でしかないですよ??

科学的な根拠におけるデータとかはないんで

そこは置いといてもらいたいのですが、

 

基本的に僕が見てきた限りでは、真面目な人で仕事の効率化に悩む人ほど

 

自分を認めきれてない傾向。

 

がありました。

 

ものすごい直球を言ってしまえば卑屈なわけ。

「どうせオレなんて…」と思っている節があります。

 

で、この記事では、そういう人がいると仮定して話を進めていきますが、

 

「どうせオレなんて…」というのも

ある意味では「逃げ」なので

自分を認めてあげるというのが大事になってきます。

 

で、効果的な施策として

夜寝る前に自分自身に

「お前は今日よくやったな。よく頑張ってるよ。大丈夫だ。」

と言ってあげることです。

 

(やべーやつと思われそうなこと言ってますが・・・笑)

 

目をつぶって、白い空間にもう一人の自分が立っていて

対話しているところをイメージしながら、

自分で自分を褒めてあげるんです。

 

そうすると、

自分の中で自信が付くと言いますか、迷いがなくなるんですね。

 

言っていることはスピリチュアル的な話に入るので

抵抗感があるかもしれませんが

自分がやる分には自由です。

 

 

 

人間はそんなに強くはないので、

自分で自分を否定しながら進むって結構難しいことです。

 

自己肯定感が低い人ほど、

「自分を褒めてあげる」ということをやったほうが良いです。

 

自信を取り戻し、卑屈な心を治すためのリハビリになるので。

 

なので、劣等感が強くて、

仕事をしていても「あ~なんて俺はダメなんだ…」と思ってる人ほど

 

まずこの「自分を褒めてあげる」ということをして下さい。

 

「まぁそんだけ考えてるし、大丈夫だよ」

「ダメなところもあるかもしれないけど、お前は頑張ってるよ」

というアプローチで自分自身を褒めてみるといいですね。

 

特に自分を褒めたことがなかった人ほど効果があります。
注意点として・。。

一応、伝えておきますと、

自分を褒めているところを

あまり他者の見えるところではやらない方がいいですよ笑

 

口に出して自分をも褒めてる姿を見られるとめっちゃ痛い目で見られるので笑

こういうのは自分自身が大切だと思って

やっておけば良いのです。

 

 

休みの日は仕事のことを一切考えない

 

意外とこれって

やっちゃう人が多いみたいでして、、、

 

真面目な人ほど、オフの日にチャットワークとか

仕事関係のメールを見て少しだけ仕事しようとするんですよ。

 

「ちょっとだけ・・」「これだけ・・・」とか言いながら。

 

もちろん、あまりにも緊急性のあるものなら仕方はないと思いますが。

 

基本的に僕はオフの日は仕事のことは

一切考えない方がいいと思ってます。

 

オフに入る前に仕事を終わらせておくのがベストですね。

 

「オフの前に終わらせられなかったから仕方ないんだよ!」

とおっしゃる方もいると思いますが、

 

それは仕事を終わらせることができなかったあなたが悪いんだから

「とりあえず休め。そのあと取り返せ」というだけの話。

 

「休みを返上して~」と言ってる方が

僕の意見としては「甘え」だと思ってまして。

 

「どうせ本当にヤバい時は休み返上して

やらないといけないときもあるんだから

普段ぐらいちゃんとこなしとけ!」っていう感じです。

 

 

なので、僕は基本的にオフと決めた日は

チャットワークとか絶対見ません。

「絶対見ないようにしてる」というのが正しいですね。

 

見ると気になって仕事してしまうからなんですよ。

 

そうすることで頭がリセットされるし、

特にパートナー、彼氏、奥さんなどがいる方は

相手のことをしっかり見れるようになります。

 

オフの時なのに仕事のことを考えているというのは

相手は当然嫌がるわけですよ。

 

なので、メリハリをつけるという意味でも、

基本的にオフの日は仕事のことは一切考えないというのを

徹底して行くというのが、僕なりの仕事の流儀ですね。

 

仕事の能率を上げるために

 

ということで、仕事をできるようになるために今日紹介した

 

・大事なことは紙に書き出すこと

・夜寝る前に自分を褒めること

・オフの日は仕事のことを一切考えないこと

 

この3つをお伝えさせていただきました。

基本的にはこの3つで大丈夫だと思いますが

 

更にミニポイントをお伝えすると、

 

・嫌なことがあったらカラオケに行って発散する。

・日光を浴びる

 

というのを実践してみるといいです^^

 

カラオケに行って叫ぶだけでも、かなり気分転換できますし、

日光を浴びると人って元気になります。

体内時間が調整されるとか色々あるみたいですが。

 

こんな感じて基本的なことをしていくだけで

 

全然仕事の能率って上がってくるし、

能率が上がると評価が上がるし、

評価が上がると給与も上がるし、

良いことづくしです。

 

特に男性というのは仕事が資本だと思っているので。

 

なので「最近なかなか仕事がうまいこと進まないな~」という方は是非

・大事なことは紙に書き出すこと

・夜寝る前に自分を褒めること

・オフの日は仕事のことを一切考えないこと

 

というのを試してみてください。

 

もちろん効率化ってタイプもありますが

真面目で、だけどもちょっと効率化が苦手。って言う人は

上記のことをやってみるだけでびっくりするくらい楽に仕事が進みますよ。

 

 

ではでは。
=====================================

記事を読んで頂きありがとうございました!

このブログでは、僕が人生をかけて培ってきた
「現代的な人がNo2として幸せに生きる道」を追求してる姿をお届けします。

 

おすすめ記事は下記になります。

No2理論まとめ…年商30億を超える
ベンチャーグループのNo2が会社と自分を成長させた理論

 

・勢いある社長と、実力の乖離が起きる社員との板挟みの攻略
・会社の業績を見えない場所から上げるポイント
・何もやりたいことがなかった人間が、
やりたいことが出来た最高の理由

 

等など、僕自身の会社経営の知恵をすべて詰め込んでます。

 

その他、執筆中。。。

 

メルマガもやってます。

見ているだけで、エネルギーが湧き

問題に対しての具体的な行動策が浮かび

幸福度が上がっていくと、評判のメルマガです。

 


登録は
このアイコンをクリック!