こんにちは。田岡です。

今回はコピーライティングに関しての話。

 

というのも、社員教育用の一環で

コピーライティングの教材をガチで作ってみました。

 

「動かす」ライティングのコツ
~一つのメールマガジンが出来るまで~

(クリックしたら、PDFに飛びます)

 

ちなみに完全無料で見れるようにしてますし

内容も好きに使っていただいて大丈夫です。

 

僕もまがりなりにも、これまででコピーだけで

数億の売上は作り上げてきましたので

(もちろん他の人の力があってこそです)

 

そこら編の内容の伴ってないものよりかは

良い教材になっていると思います。

 

ブログとかメルマガとかを書いている人は、参考にしてみてください。

 

 

サラリーマンで生きる人ほど、コピーライティングは学んだほうが良い。

 

と、僕は個人的に思っていますが、

 

ちょっと訂正。

 

サラリーマンで生きていて、

営業が出来ない人は、コピーライティングを学んだほうが良い。

 

にしておきます。

 

何でこんなことを伝えるのか??というと単純で、

 

僕は元々まったくもって営業が出来なかったですし

セールスというものに対して超苦手意識を持っていたからです。

 

もともと根暗っていうのはありますしね。

そして僕はプライドも高いですし、いわゆるコミュニケーションに置いては

コンプレックスの塊でした。

 

それこそ大学生のときにはビジネス本に感化されて

電気家電の飛び込み営業を経験しましたが

 

まったくもって成果は0

 

完全歩合制だったので毎日毎日行動してもお金も入らないし

冷たい目にさらされるのに耐えられず

深夜の街を全力疾走して帰ったくらいです。

 

その後、ブログやらメルマガやらで少しだけ収益を上げてから

リベンジということで僕がやったのはカフェ営業。

アポイントを取って、相手にセールスをかけていく営業ですが

 

ここでも僕は、当時5人くらいの同期の営業マンの中で

ぶっちぎりでビリの成績を残しました。

 

まぁ、とにかく、対面での営業というものに

対して常に苦手意識を持っていましたし

なんなら、今もそれは完全には克服は出来てないです。

 

ある程度成功体験も積みましたが、

正直、得意分野ではないな~って思ってます。

 

ただ、そんな僕でも成果に大きく直結する働きが出来たのは

間違いなく「コピーライティング」のおかげでした。

「コピーライティング」がもたらした恩恵。

 

元々、僕は文章を書くことが好きでした。

 

小学校の頃には自前で小説を作って

先生や友達に見せていたのも懐かしい思い出です。

 

さらに言えば、僕は理系だったのですが、

国語の成績が圧倒的に高かったのです。

古文、漢文は覚えないといけないのでそこまででもなかったですが、

 

現代文に関してはノー勉強で、偏差値は常に65超え、

時には75を叩き出したこともありました。

 

それを考えると、僕には一つ文章に関してはセンスはあったのかもしれませんが、、、

 

ともあれ、この「文章」のおかげで、

僕は会社に対して大きな貢献をすることが出来ました。

 

例を出していくと

 

・会社が一番最初に作ったリスト取りのLPの執筆

・成約率70%の月額制コミュニティの参加申し込みページ

・業界でも指折りの成約率と噂のコピーライターを超える成約率を出したLPの執筆

・広告費無しで数億円売り上げた商品販売ページ

・クレーム率20%超えの業界で

クレーム率1%以下の状態を作り出した教育メールマガジン

 

これらの執筆に、僕自身のスキルは大きく貢献することが出来ました。

 

当然ながら、明確に数字に関わる部分に貢献をしている以上、

会社内での評価も一定数はもらえますし、

何よりも「数字の部分に貢献できた」という事実が自分の気持を満たしてくれます。

 

それはひとえに、僕が「対面営業」のスキルが絶望的になかったとしても

「コピーライティング」のスキルを持っていたからにほかなりません。

 

 

別に必ずしもこの記事を読んでいるあなたが

コピーライティングを収める必要はありませんが、

 

僕が伝えたいことは

 

一つのスキルを持っていくと、自分の中での「支え」となる。

 

ということなんです。

 

折れそうな時って誰でもありますし、

自分には何が出来るのか??

と考えることはいくらでもあります。

 

だけども、そういうときでも自分がこれは強いです!!

といえるスキルを持つことは、

 

「一先ずこれは出来る、この力をなにかに行かせないか?」

「いや、この部分だけは、自分が譲ってはいけないものだ!!」

 

と自分の心の中で本当の意味で自分を支えてくれる柱になるんです。

 

これを持っているということは、本当に素晴らしいことですし、

そういう人は決して折れることはありません。

 

僕も色んな能力、色んな限界を知り、

ひょっとしたらまだ限界に言ってないことも諦め、学んできましたが

 

「コピーライティングだけは、絶対に譲らない!!」

 

とその思いだけは心の奥底に持ってやってきました。

 

こういう支えがあるっていうのは、、

本当に自分自身にとって、心強いものですよ。

 

もちろん、そのためには自分自身も

そのスキルを磨き続けないといけないものではありますが

 

 

そのスキルの選択肢の一つとして

コピーライティングは是非視野に入れてみてくださいね。

 

 

興味がある人は、教材も参考にしてみてください。

 

「動かす」ライティングのコツ
~一つのメールマガジンが出来るまで~

(クリックしたら、PDFに飛びます)

 

 

ではでは。

 

==========================

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログでは「雇われながら自由に生きる」をモットーに

・社員として圧倒的に会社に貢献するための仕事術

・会社を支え、守り抜くNo2としての経営論

・雇われながら自由に生きるためのスキルアップアイデア

をお話しています。

 

それらのおすすめ記事は後ほどまとめる予定です。

 

また、ブログよりアングラな感じのメルマガもやっております。

 


雇われながら自由に生きるための叡智を詰めたメルマガはこちらから。
(クリックで説明ページへ)

 

このブログ、メルマガに乗っている情報が、あなたの役に立てば幸いです^^