こんにちは。エガリテです。

 

今日はサラリーマンアンチの人に向けて

僕が思うことを書いてみようと思います。

 

まずサラリーマンアンチとは何か?

 

いわゆる僕らのような起業家とか経営者の方々に多いんですけど

 

”サラリーマンで月収20万とか稼いで

時間を拘束されて、

毎日満員電車に乗って

夜はコンビニ弁当かなんか食べて

お風呂にはいって

自由な時間なく寝る…

こんな生活ってつまんなくない?”

 

みたいな。

 

そういうのってビジネス駆け出しの人が

アンチとして槍玉に上げることが多いんですけども

果たして本当にそうなのか?

ということを突き詰めたいと思います。

 

起業家、経営者のメリット・デメリット.

 

なぜ突き詰めたいのかというと

僕がサラリーマンを「悪い、良くない」って思ってないからです。

 

起業してる身で何を言ってるんだ!!

と言われちゃいそうですが笑

 

ではなぜ僕がサラリーマンを

「悪い、良くない」と思わないのかというと

 

僕自信がサラリーマンでもあり、

経営者でもあり、起業家でもありという

 

三足じゃないですけど(足は二足しかないですが笑)

二足の草鞋を履いているという状態だからです。

 

で僕自身、

二足の草鞋を履いてる状態で満足しているからです。

なぜ満足できているのかというと

色々ありますが

 

例えば起業家、経営者のメリットとしては

自分自信の使えるお金を限定できる、獲得できる、設定できる

というのがあります。

 

また、月商数千万とか出て、利益が1千万とか出たら

月収1千万って名乗れるわけです。

 

その月収1千万の使い方も自由です。

 

社長になって自由な時間、自由なお金などを設定できるのは

青天井の世界だし魅力的だなって思ってます。

 

ただそれなりのお金を手にするということは責任も生じます。

 

事業が大きくなれば、そこに配置する人員の責任もあるし

関わる人の責任もあるし、うまくいかなかったら

全部自分の責任になってしまいます。

 

責任がないサラリーマンも魅力的だけど…

 

一方、事業がうまくいってなくても

責任を取らなくてもいいサラリーマンは魅力的ではあります。

 

ですが完全なるサラリーマンでも言われたことだけを

淡々とこなすっていうのは僕はオススメはしないです。

 

なぜかというと業種にもよりますが、単純に能力が上がらないからです。

 

世の中に色々な業種、能力がある中で

その仕事の能力しか身につかないということは

僕はもったいないと思っています。

 

やはり自分で考えて、自分で責任を負って

何か事業を遂行するという力をつけると

人間力が高まります。

 

人間力を高めるという点においては

ある程度責任を負ったほうがいいんですよ。

お金もあった方が選択肢も広がります。

 

例えば20代で持ってる100万円と

30代で持ってる100万円では全く意味が違うと思っています。

 

それこそ20代の時に100万円持っていたら色々遊べるし、

色んな選択肢も広がります。

 

でも30歳の時に100万円持っていても、

家族がいるってなると選択肢って限られてしまいますよね。

 

そういう意味では若いうちにお金を持っておいた方が、

色々な経験ができるという意味で僕は良いと思います。

 

二足の草鞋を履くという選択肢もある

 

その上で僕はどういう形態を取っているかというと

経営者という立場ではあるんですけど、

 

雇われて給料を貰って仕事をしている

サラリーマンという側面もあるわけです。

 

なのである意味、安全を保証されています。

(もちろん事業をうまくいかせる責任はありますが)

 

給料も低いかっていうと、

自分の頑張り次第で設定できる立ち位置にいるので

そういった意味では二足の草鞋を履くのは僕自身は合ってるなと思います。

 

あんまり自分自信で人をビジビジ引っ張っていくっていうのは

僕は得意ではないので。

 

結論、どっちでもいいが、より自分を高められる方を

 

正直サラリーマンが悪いとか、経営者、起業家が悪いとか

どっちでもいいと思ってます。

 

僕のようにそれらを合わせるっていう方法もあることを

知っておいてもらいたいと思います。

 

サラリーマンでも経営者、起業家でも、

どっちがエラいとかっていうのはないです。

 

そんなことよりも自分のスタイルに合わせて

 

自分がどうしたらより人生を楽しめるだろうか?

より良い選択肢が得られて、やりたいことができるだろうか?

 

というところを突き詰めて自分の働くスタイルを模索していくのが

いいのではないかと僕個人としては思います。

 

 

 

============================

記事執筆者はこんなひと→プロフィール。

 

このブログの人気記事はこんな記事→人気記事一覧