こんにちは。田岡です。

 

現在今年二度目のシンガポールに来ていますー!!

 

今回は明確な課題を持ってまして、

圧倒的に仕事をしようと思っております。

 

で、その一つとしてこのブログの更新をしておこうと、

 

今回は、最近読んだおすすめ本の紹介。

 

サラリーマンの人にとっては

幸福度を上げるのにもってこいの本がありました。

プロフェッショナルサラリーマン サラリーマンを極めていくために。

 

と、今回紹介するのはこちらで

プロフェッショナルサラリーマン 

~「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術~

 

こちらの本ですが、僕は3度買いました。

というのも、前回オススメ本で見たことがあって購入してたですが

結局見ないで終わってしまっていたんですよね。

 

今回、改めて話題に出ることがあって

購入して読んでみたのですが、

 

めっちゃ良かったです。はい。

 

概略をお伝えしておくと下記のような感じ。

 

「起業ブーム、独立ブームは大いに結構、

だけどもそもそもとして成功する人というのは

会社の中でも成功している人だ、

まずサラリーマンとしてプロになる、その後に自分の道を定めても良いのではないか?」

 

めっちゃ発信内容が似てる。

 

こういう発信をしている人って僕もリサーチしてましたが

全然いなかったんですよ。

 

起業、独立、副業をやっていこう!的なテーマを否定するわけではないのですが

あまりにそういうテーマばかりで

会社での業績を社員が高めていくって言う視点の発信って少ないなーと思っていたりして

 

そんな中で、この本は非常にドンピシャで、

僕が発信する内容にも少なからず影響を与えてくれました。

 

今サラリーマンで活動している人はぜひぜひ読んでもらいたい本ですね。

自己啓発は大人の義務教育。

これはまた別の本で見た言葉ですが

 

僕が一つ頭に残っている、良い言葉だと思ってます。

 

本の中で、伝説の営業マンと言われている人が

うだつの上がってない主人公営業マンに対して

 

「本を読んだほうが良い」

 

を勧めたときの言葉だったのですが

 

これは僕も同意見でして、、、

 

例えば既に壮絶な人生経験を積んでいる。

様々な体験をしていて、本を読んでも復習にしかならないって言う人は

そこまで読む必要はないと思うのです。

 

 

ただ、例えば僕のようなそこまではみ出し者の人生を送ってないというか

(人生において殴り合いの喧嘩の経験一度もなし)

見識が優れていると自分で言えない人は

本は読んでおいたほうが良いと考えています。

 

 

理由としては知識の疑似体験が出来ることと

自分の軸っていうのが本を読んでいく内にわかっていくからです。

 

本っていうのは

「売名行為で作られた本」

「何かしら伝えたいから作った本」

 

の2つがあると思っているんですが

 

「何かしら伝えたいから作った本」には

その著者の思いとか、考え方が大きく反映されています。

 

そういう本をたくさん読んでいくと

自分の軸が読んでいく内にはっきりしていくんですよね。

 

あー、この部分は共感できるな、たしかにって思うな。

いや、この部分は理論は分かるが好きではないな、、、などなど。

 

もちろん、最初は全部鵜呑みにしちゃうし

思いっきり影響も受けるし

なんなら本の著者のマインドで動いちゃうくらい影響されてしまう事もあったのですが、

 

本の中に自分の求める答えを探そうをするのをやめてからですかね。

 

ある程度、自分の中で軸を持ちつつも

本を見れるようになった気がしています。

 

 

何にしても、僕は本は読んだほうが良い派ですね。

 

テクニック論的な答えなんてものは

実践でしか身につかないのでしょうが

自己啓発と言うか、なにかしらのきっかけ、気づきを得るのに

本は一つの要素だと思います。

 

 

 

PS,シンガポール、、、やばいです、やばい。

 

何がやばいって

 

花粉がない!!

 

・・・・

 

いや、きっと花粉症の人ならばこの気持はわかってくれると思います。

圧倒的に花粉が吹き荒れるこの3月前半、

この時期を花粉がない時期で過ごせるというこの環境。。。。

 

幸せです。僕は。はい。

 

と、実際に花粉もなくなり

目の痒さも鼻水もなくなったので、仕事が捗ってしょうがないです。

 

 

=====================================

会社に所属しながら豊かに暮らす、No.2式自由を得る講座

 

自分はどう生きたら幸せなのか?何をすれば良いのか?

経営者の方の多くが一度は直面する悩みだと思います。

もしかしたら、今この文章を読んでいるあなたもそうかもしれません。

 

何がしたいか、何が向いているかもわからず、やる気が出ず、自己嫌悪に陥ってしまう、、

 

自分には何が向いているのか?

この会社でやっていけないのではないか?

起業とか転職などを考えたほうが良いのか??

 

もしかしたら、こんなことを考えているかもしれません。

ただ、安心してください。

悩んでいるのはあなただけではありません。

僕も職業から多くの人と話す機会がありましたが

本当に多くの会社員が、今はこの悩みに直面しています。

(もちろん、僕も悩みに直面した一人です。)

僕自身も、自分の生き方、仕事のあり方に迷っていた時に

本当に多くの書籍や、サイト、雑誌の記事、人の話を聞きました。

 

「自分のやりたいことを見つけましょう」

「周りを比較しないようにしましょう」

「後悔ではなくて、反省しましょう」

「今の会社がつまらないならば、独立するのもありです」

「行動できないならば、それはやりたくないことなんです」

 

色んな所で、色んな人が、いろんなことを述べています、。

僕も様々な意見を聞いてきました。

ただ、僕の心が晴れやかになることはありませんでした。

思えば、僕は昔から根が暗く、

それこそ巷で言う「成功者」から遠く離れた存在でした。

「人の悪いところばかりを見て、批判して

素直に人の成功を喜べずに、自己防衛に走る」

その結果として、僕の生活はより苦しいものとなりました。

 

・ビジネスで成功を夢見たが借金を負う

・行動しているつもりになって全然結果を出せない。

・周りが結果を出している姿を見て落ち込み、現実逃避

・動いても動いても空回りして、周りから認められない。

・周りに認めてもらえないのが辛くて、またパフォーマンスが落ちる

・自分に対して自信がなくなり、良い未来が描けない。

・周りが自分に対してネガティブな意見を持っているんじゃないかと勘ぐるようになる。

 

意識を高く、自分自身を高める気持ちを持って

仕事に、ビジネスに、人生に望んだはずでした、だけども上手くいかない。。。

様々な心理学、人の分析、行動を行っていくうちに

僕は、自分に対してのアプローチ方法が大きく間違っていたことに気づきました。

 

そこから、月日は経ち・・・・

今では僕はベンチャー企業のNo2として日々を活動し、
自分が叶えたい目標に向かい、努力を続けられるようになりました。

共に人生を謳歌する仲間も、大切な家族も出来ました。

 

僕は、自分自身の可能性を気づかぬうちに潰してしまっていました。

一般的な成功法則を当てはめて、自分を苦しく縛っていた。

 

ただ、それは、決して、自分をただ苦しめたくてそういう気持ちでいたわけではなくて

自分自身が幸せになり、より成長して、周りにも貢献したかったから。

だからこそ、あがいてもがいているのだと思います。

 

それでも、なぜかうまくいかないのが仕事でもある。

そのために自分を攻めたり、他者を攻めてしまう

そして自分を追い込んでいく。。

 

安心してください。

 

僕が、正しい仕事のあり方を教えます。

 

ということではありませんが

「どうして、経営者は孤独になってしまうのか?
周りも自分も幸せにする経営を行うためには何をしたら良いのか?」

「自分も周りも幸せにする仕事のあり方とはなんなのか??」

これを一緒に勉強していきませんか?

 

僕がこれまで学び、そして実践してきたこと、

どんな効果があって、実際に自分と周りがどう変化していったのか?

ここについてお伝えできることが僕にはたくさんあります。

 

今僕は、年商30億規模の、ベンチャー企業のNo2として活動しています。

年齢も20台後半。

実績で言えば、決して小さいものではありません。

 

是非、過去の僕のような、自分へのアプローチを間違えて

光を奪ってしまうような経営者ではなく、

周りに光を与えられるような経営者を目指してみませんか?

 

是非興味があれば、あなたの参加を心待ちにしております。

さらに、一応期間限定で、

僕が考える最高のナンバー2 という音声をプレゼントします。

(この音声は、僕が5年間の経営経験を元に
トップを支え続けてきて意識したこと、会社の成長記録でもあります

聞く人に寄っては、奇跡の音声と言われています)

 

また、1,2通読んで、何かが違うなと思ったら

いつでも解除はできますのでご安心ください。

気に入らなければ、いつでも解除は可能です。では、よろしくお願いします。