本プログ著者の簡単なプロフィール概略

名前:田岡正也
年齢:20代後半、既婚者
出身:東京都足立区(現在は埼玉県と都内、シンガポールと日本を往復してます)
性格:優しく真面目、でも時々変とよく言われます。
職歴:ベンチャーグループ幹部(年商30億超え)、他2社の取締役、役員を兼任
趣味:海外旅行・国内旅行・映画・バスケットボール・漫画・ゲーム・小説・温泉(箱根)・読書
目標:仲間と旅行地を巡りながら仕事をすること。

好きなことリストはこちらにまとめております。

本題のプロフィール

はじめまして。田岡と申します。このブログを見ていただき、ありがとうございます。
こちらのページでは、過去に僕が経験したことや、これまでの経歴をまとめております。

僕の現状をお伝えすると、

・メインとする年商30億超えのベンチャーグループに席をおきながら、
一つの会社では商品広告のプロジェクトリーダーをやりながら、
もう一つの会社では取締役として経理・総務の統括を担当しつつ、

「どうやったらもっと自由に生きれるかな~」と考える毎日です。

後はベンチャー企業への経営コンサルなどもしつつですが、
月の3分の1はシンガポールで仕事して、月に一度はどこかしら旅行に行って旅行先で仕事しています。

と、こういうふうに書いていくと凄く出来るような人間に見えるのですが、、、

まぁここまで来るまでには、壁ばかりというか、本当に自分の無力さばかり味わってきました。

むしろ、僕自身は元々は失敗ばかり、行う努力が空回りばかりする人間でした。

空回りする失敗ばかりを繰り返してきた人生歴

その証拠といってはなんですが、僕は「失敗の数が人より多い」ことが特徴でもあるので、その失敗歴を記載しておきます。

 

・中学生時代、一発芸を振られ、失敗し、その後2年間仲間はずれにされる。

・高校時代、友達選びを失敗、初っ端から仲間はずれにされる。

・大学受験、オンラインゲームRedstoneにのめり込みすぎて、受験に失敗する。滑り止めの滑り止め以外全て不合格になる)

・大学生時代、入るサークル選びを失敗、豆腐メンタルからか、気胸(肺に穴が空き)となり入院する。

・19歳、人生ではじめての告白をするがフラれる。

・大学3年生時代、人生初の自己啓発本「金持ち父さん貧乏父さん」に影響を受け、読んだ一週間後に投資を行い始める。が、稼げず60万円の借金が残る

・その後、イベントサークル代表、訪問販売営業等様々なビジネスを行うが利益は出ず,借金額が倍になる。

・イベサーの代表時代の知り合いに呼ばれ、タワマンに訪問、大富豪で30万円詐欺られる。

・借金があることを何故か自分から親に告白、大目玉を食らい、借金返済のため週8でバイトを行うことになる。

・とあるビジネスの高額合宿に参加、人生初の大遅刻をした上、プレゼンの代表をこなしたが、徹底的にダメ出しされる。

・就職活動時、最終面接の日に日付を勘違いして、最終面接をすっぽかす。

・研究室の仲間、スケジュールと折り合いがつかず、卒業単位数を取得した4年生の前期終了時、大学を中退する。

・大学中退後、フルコミッションの営業に専念、数十人いる営業マンでダントツビリの成績を残す。

・はじめての仕事に慣れてきたとき、ふとしたミスで会社のサーバーからデータを全部消してしまう。
(最終的に復旧できました)

※まだまだあるが多すぎるので割愛します※

と、基本的にドジで最初から上手くは行かないタイプです。
(書いてて気づきましたが、学生時代に最初から友達をうまく作れた経験がない)

むしろ、僕としては努力をしての結果だったので当時は悔しい思いも抱えてきました。

・友達として仲良くしたいのに、弄られることに耐えられない。
・役に立ちたいだけだけどもうっとおしがられる。
・全てを投げうってビジネスに対して本気になったけども結果が出ない。
・ふと呼ばれただけの場所でお金を詐欺られる。
・訪問営業でどれほどピンポンを押しても、買ってくれる人が現れない。
・彼女の家に転がり込んで、バイトしながら、営業をするがドベの成績。
・苦手なリーダーを行って来たが、社員達から猛反発を受けて給料が半分になる。
・任せられたプロジェクトがどれほど動いても一向に進まず、頓挫する

今思えば自分が未熟だった。と言う一言で済むお話ですが、そんな自分に苦労してきたなぁと思う次第です。

失敗の定義と成功への転換

その上で僕はこれらの失敗があってよかったと思えています。

というのも、、、

・友達として仲良くしたいのに、弄られることに耐えられない。
・役に立ちたいだけだけどもうっとおしがられる。

→自分の振る舞い、関わり方を見直すいい機会になった。人に合わせてもらうだけじゃなくて、合わせることで何を言うにも大きく結果が変わることを学ぶことが出来た。

・全てを投げうってビジネスに対して本気になったけども結果が出ない。
・訪問営業でどれほどピンポンを押しても、買ってくれる人が現れない。
・彼女の家に転がり込んで、バイトしながら、営業をするがドベの成績。

→想いがあればどうにかなるというわけでもなく、向き不向きがあるということも学べた。
視野を広げたときに、自分にはコピーライティングの武器があることを理解できたし、最終的にはセールスも自分なりにである程度出来るようにはなれた。

・苦手なリーダーを行って来たが、社員達から猛反発を受けて給料が半分になる。
・任せられたプロジェクトがどれほど動いても一向に進まず、頓挫する。

→「正しいいい想いがあれば人はわかってくれる」というある意味他人任せに生きていた自分を大きく見直すきっかけになった。その後関係性は修復し、会社にとっても大きく売上に貢献することが出来た。

・ふと呼ばれただけの場所でお金を詐欺られる。

→関わりの薄い人を騙す人がいることも学べた。
その後の危機感から、必死に収益を上げるために行動できたし、それで今まで収益が出せなかった自分が収益を出すこともできた。

数多くの失敗をしてきましたが、なんだかんだで、その失敗を踏まえて、何かしらを得てきた人生を送ってきました。

失敗を糧にする経験が出来たことは非常に大きな財産だと感じています。

「雇われる」ことの重要性

そんな経緯を経て、僕は今も多くの人が自由に、自分らしく生きるためには??という道を追求している毎日です。

正直に僕は「必ずしもすべての人が当てはまるわけじゃないけども、会社に所属しながら自由に生きる道が合っている人もいる」と考えています。

むしろ、ある程度の経験を積むならば会社というのは絶好の修行の場所。と思ってます。

結局の所、自由に生きるためには「お金を稼ぐ力」が必要だし、「自分にとっての自由を考える力」も必要になります。
そしてそれらを得るためにも、「他者に有益となりうる自分の能力値」を磨くことは重要です。

実際に僕が関わった人でも「一過性の稼ぎ方」ばかり追い求めた人ではなくて、「本質的な自分の力」を追い求めた人のほうが圧倒的に今という人生を楽しく、謳歌して生きている印象を受けます。

それを伝えていって、実践をしている人と関わっていくうちに、今では

・社員を十数名まとめて、日本の教育業界を変えようとしている人
・実践して2週間で、会社内でのまとめ役に抜擢された人。
・自分の好きなことだけでマネタイズして生きている人。

などなど、多くの成果を目のあたりにすることも出来ました。

なので、僕は今こうやって、ブログを書いて
まだ見ぬあなたに、少しでも僕の情報が役に立てばいいなと思っています。

あなたが仮に今会社に就職しているにしてもしていないにしても、
人間関係や根本的な人間力は高めた方がいいでしょうし。

なによりも、せっかくの人生です、自分の思うがままに生きたいじゃないですか?

自分に力があれば、自分が行動できる選択肢が大きく広がります。

そうやって「自分の力」を身に着けていく過程で、自分にとって「本当に大切な自分の生き方」を見つけてもらえれば良いんじゃないかなと。

僕の発信する情報の一つ一つが
あなたの「能力値」を高めることに繋がり、あなたの「選択肢」を広がることにつながるならば、

ぼくがこうして情報を発信している意義はあると思います。

最後に、「雇われながら自由に生きる」を発信している理由。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

僕の人生を簡単にまとめると、

・そこそこの成績でコミュ障な大学三年生。

・ビジネスの世界に飛び込み借金を負い無一文へ。

・稼げなかったのでベンチャーに就職、いっぱい頑張る。

・紆余曲折を経て、雇われながら自由に生きる人間に。という経歴となります。

詳しいエピソードはまた別途の記事でお伝えしていきますが、、

とりあえず「僕は何一つとして最初から特別な人間なわけではない」と思ってます。

そして特別な人間なわけではないからこそ、自分なりの生き方で幸せに生きれることを立証したい。

そう思い、僕は様々な失敗でも自分を磨く経験と考えてきました。

「社長・経営者は変人でなければいけない」
「サラリーマンである以上は自由にはなれない」
「起業・独立をするならば一本に集中しないといけない」

ビジネスで成功を目指していた僕が、事あるごとに疑問を覚えていた言葉が、上記の言葉です。

で、正直こういう言葉って、めんどくさいなと笑

こういった言葉は一つ真実である側面はありますが、必ずしも守らなければ行けないわけではないし、そうじゃない人だって自分の人生を謳歌できる。僕はそう思っています。

中途半端だって別にいい。

あれこれ迷って、優柔不断だってそれで良い。

たまには思いっきり気を抜いて、楽に生きたって良い。

やりたいときに全力で仕事をすればいい。

そう思ってやってきた結果、僕は素の自分のままで最大限に人生が楽しく自由に生きれるようになりました。

お金を稼ぐ力もそうですし、何か自分がやりたいビジネスがあったときに、実行できる力を持つことが出来ました。

そして、僕は素の自分のままで最大限に人生が楽しく生きれるような世界を、より多くの人に知ってもらいたいと思ってます。

このブログや情報発信もその一環です。

僕自身が会社経営を5年間やってきて得てきた見識や、数百員以上のビジネスパーソンを見てきて学んできたことが誰かしらの役に立てばそれで良いと考えています。

また、そういう感じでゆるいフィーリングが合う人が集まれる場として「ギルド」も主催しています。

ギルドの方では、「雇われながら自由に生きるためのステップ」など、解説動画などもお渡ししてます。(視聴も無料です)

雇われながら自由に生きるとは?【インサイダーギルドのお誘い】

ギルドでは、お悩み相談や、音声セミナーも企画してますので興味があればお気軽にご参加ください。

 

追伸・その他の私生活におけるエピソード

最後に好きなものに関してお話をすると、実は僕、漫画やゲームが大好きです。

軽くエピソードをお伝えしますと。。。

・中学入学当初、漫画のスラムダンクにハマりバスケットボール部に入るか?
ゲームの「パワフルプロ野球」にハマり、野球部に入るか?を悩んでました。
(結果的に坊主が嫌でバスケ部に入りました)

・高校時代はRedstoneというオンラインゲームにハマり、一日平均10時間ゲームをしてました。
(上にも書きましたが、進学校なのにそれで成績落としました)

・漫画や小説は一度ハマるとぶっとおしで20時間位読み漁り続けます。
(重要な仕事が次の日あるのに、睡眠時間2時間で行きました)

・ジャンプ、マガジン、ヤングジャンプなどは毎週見てますし、マンガワンなどのウェブ漫画も結構いけます。
(マイナーだけども灼熱カバディとか、役職物語とか、刀遊記とか好きです)

漫画やゲームなどのサブカルチャーは人の心を豊かにするものだと心から感じています。

ココらへんの話に関しては、このページで書くのもなんですので、下記のページにまとめてみました。

ベンチャー役員が好きなものを片っ端からまとめてみた。(好きなものリスト)

漫画やゲームやサブカルチャーが大好き!!という人は、話があうかもしれません^^

よく行く旅行先や、真面目な読書で読む本などもまとめてありますので、興味があれば御覧ください。

 

では、長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!!

願わくば、今後ともよろしくお願い致します。