こんにちは。田岡です。

以前も書いたことがあるのですが、僕は無類のストーリー好きです。

漫画に小説。ストーリーがあるものにはとことんハマりますし、一度ハマってしまうと抜け出せなくなって夜更かし上等で見続けてしまうことも多々あります。

特に最近やばいのが「小説家になろう」というサイト。

有志が集って小説を書いているのがこのサイトで、たくさんの小説があるのですが(今流行りの異世界転生ものとか。アニメ化、コミカライズ化しているものも多い。)

もうね、、、読んでて止まらなくてまじで困ってます。

なので、せっかく読んだその時間もせめて学びに変えて有効活用してやろうと、なんでこんなに小説が面白いのか??掘り下げてみようと思います。

想像力豊かな人は小説を数倍楽しめる。

まず第一に、小説を楽しめる人は、想像力が豊かである人だろうなと僕は思います。

例えばアニメ、ドラマ、映画などは当然ながら、視覚も入ってきます。それもどう動いているか??なども鮮明に。

アニメ>漫画>小説 の順番で視覚から得られる情報量は少なくなっていきますよね??

 

以前友だちと話したこともあるのですが、漫画、小説を楽しめる人の傾向としては、「自分の頭の中で補填できる世界を楽しめる人が多かった」のです。

ぶっちゃけて言えば妄想家です。

色んなタイプの人が世の中に入ると思いますが、僕はそれこそストーリーに自分を重ねて投影してしまうタイプ。です。

登場キャラの感情を味わうことも出来るし、それこそ辛いストーリーを読んだ後は僕自身も若干落ち込みます。本当に影響されやすいんです。

それに、戦闘物などでも、その妄想力はいかんなく発揮されます。

アニメとかで超速戦闘を見させられても、やはり作画とかそういった部分の問題が出てきますが、小説や漫画にはその制限がない。

自分の頭の中でいくらでも補完できるから、正直に戦闘の楽しさが段違いに楽しい訳です。

「この超速の戦闘をコンマ送りでイメージできている俺かっこいい!!」みたいな感情もあるのかもしれません。

考えたことはないですが、そういう優越感にも浸ろうと思えば浸れます。

 

別に限定するわけではないですが妄想好きで、現実逃避を良くする人。とかは小説の世界には入り込みやすいんじゃないかなーと思います。

僕がそういうタイプだから、同じような人は可能性が高いんじゃないかな??と思っているだけですが。

異世界転生ものが流行っているのも、そういう論理かもしれない。

そのうえで、今流行りの小説といえばなにか??というと「異世界転生物」です。

どういうものか??というと、、、

ーある日、目覚めたら、僕は見覚えのない景色を眺めていた。

見渡す限りの草原、遠くには海だろうか、水平線が見える。

時折雲に隠れる柔らかな日差しと、吹き抜ける風が心地良い。。。。

 

問題は、、、なぜ下校途中に車に惹かれた僕が、こんなところにいるのか??ということだー

 

的な。やつです。要は「何かしらの出来事が発端で、今の現実世界ではない異世界(主にファンタジー世界)に転生して、第二の人生を謳歌する」的なやつです。

僕が見てきた中でもいろいろな種類がありました。

転生したら、、、スライムになった。剣になった。ドラゴンになった、冒険者になった。勇者になった。などなど。

基本的には現世の知識がある。というアドバンテージを生かして第二の人生を存分に謳歌する。というのが通例です。

例えば、ファンタジー世界では存在もしていない、食べ物、「カレー」を作るだけで人気ものになったり。

しっかりとした「靴」を作るだけで大商人になれたり。

神に選ばれた存在だから、的な理由で最初から強いスキルを身に着けていて、その世界のトップクラスの強さになったり。

 

なんというか「妄想が現実に起きたらこんな風になりたいな」っていう欲望が具現化されている小説が多いのです。

で、そういった異世界転生者が多い理由も、ひとえに妄想したい人が妄想の道具を見つけるのに非常に手頃だから。というのはあるのかなーとは思うんです。

現に僕も子供の頃は妄想ばかりしてましたし。むしろ今でもたまにするくらいです。

とりあえず、僕は小説が大好きということです。

身も蓋もない締め方ですが、そういうことです。

ちなみにインサイダーギルドの「ギルド」もそういったファンタジーの世界から取ってきたものではあります。

もともとゲーマーだったので、そこから取ってきたものでもありますが。

ー雇われながら自由に生きることを目指す人達が、集う場所ー

人生という冒険の中で立ち寄ることができればと思って立ち上げたのが「インサイダーギルド」です。

 

なんにしても、ストーリーが好きな人は是非小説を読んでもらいたいなと思います。

それで語れたりなんかしたら面白いなと。

ひとまず「小説家になろう」のサイトで見た小説は

転生したらスライムになった剣

気づいたら剣でした

転生したらドラゴンになった剣~最強以外目指さねぇ~

2度めの勇者は復讐の道を嗤い歩む

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました。

 

くらいですかね。

転生したらスライムになっていた件 は結構有名なので、入りには読んでみると良いかもしれません。

 

ではでは。

 

今日の一言

いろいろと考えてしまって行動が止まる。いまいち振り切って動けないというときは誰だってあるものかもしれない。

その上でも言えば、それでも考えてしまうのが脳みそだし頭なのだから、とりあえず考えながらでも動けばいいと僕は思う。

というよりも、動かないと現実は変わらないし何も起きやしない。

考えるなって言っても考えちゃうならば、「本当に考えなくて眼の前のことだけに集中し続けられるのかな?」って試してみるといい。

意外とやってみると出来る。そんなことは多い。

考えすぎる人はそれこそ、「考えないで手を動かすことに挑戦」してみたらどうだろうか??

 

 

============================

記事執筆者はこんなひと→プロフィール。

 

このブログの人気記事はこんな記事→人気記事一覧