こんにちは、エガリテです。

 

”「お金を稼ぐことは簡単だ。」という人がたまにいますが、

実際には給与はなかなか上がらないし、お金を稼ぐのは大変です。

どうしたら良いか分かりません….”

 

というお話をいただいたので、

それに対して今回はご回答できればと思います。

 

収入を上げる方法は大きく分けると2パターン

 

1つ目は会社勤めで給与を上げていくという方法。

 

この方法に関しては大手企業なのか、中小企業なのか

ベンチャーなのかで給与が上がる条件に違いはあると思いますが

共通している条件としては「仕事ができる」ということ。

 

会社から振られた業務をどれだけ多くこなせるか、

どれだけ重要度の高い業務を担っているかで

給与が決まるという部分があります。

 

なので重要度の比重として大きい部分を担っていれば

必然的に給与はあがります。

 

ただ、それが大手企業とかになってくると

部長、課長、係長などの「役職」というものが存在して

重要度の高い仕事をするにはその役職につく必要があります。

 

そしてその役職につくためには、

「仕事ができる人」と認められないといけないので、

まず仕事を自分からガンガン取って、できることを増やしていく

ということが重要だと思います。

 

しかし、企業風土によっては

「仕事を自分からガンガン取る」というのが

やりずらいところもありますよね。

 

そういった意味では、

給与を上げるというのはイバラの道ではあります。

 

給与を上げるためには自分の能力を高めなければいけないので。

 

ただ、その分「安定」が手に入りますし、

能力も上がるので大事なことだと個人的には思っています。

 

やはり人の根幹は「仕事」だと思ってますので。

 

自分で事業を起こしてお金を稼ぐ

 

2つ目の収入を上げる方法は、

自分で事業を起こす、ビジネスをする

という方法です。

 

「事業を起こす」ということの定義は色々あると思いますが

僕は何でもいいと思っています。

 

なかには「インターネットを使ったビジネスなんて事業と認めません!!」

みたいなお堅い方もいますが・・・・笑

 

例えば、誰かが撮った音声を文字に書き起こすという仕事をしてる人も

いらっしゃいますし、

Youtubeに自分が料理してる動画をアップして、レシピ本を販売して稼いでいる

という方もいらっしゃいます。

 

あとはブログを書いていたら、

それが人気になって書籍化した、みたいなパターンもあります。

 

稼ぐ額が大きい、小さいに問わず

自分でお金を稼ぐ手段を試してみるというのが

僕は非常に良い方法なのではないかと思っています。

 

それこそ、もしプログラミングができて

自分で何かしらのツールを作れるというのならば、

そのツールを使ってる動画をYoutubeにバンバン上げていって、

動画の説明欄にツールの販売ページを貼っておいて自動で収益を上げる

なんてこともできてしまいます。

 

実際にこの方法で、

毎日動画を上げることで月に1千万程稼いでる方もいらっしゃいます。

 

ツールなので原価が0円ですし、

ツールも非常に良いものなのでお客さんも喜んでいるとのことです。

 

結局何が言いたいのかいうと、一長一短ではありますが

「収入を上げること」いう一点においては、

一番の近道は自分で事業を起こすということです。

 

ただ、僕は生き方としては

会社や組織に属するということは全然悪くないことだと思っています。

 

やはり安定しますし、何か上手くいかなくても

完璧な全ての責任を負わなくて済みます。

 

つまりギャンブル的な生き方をしなくて済むということです。

 

よく「こんな会社さっさと辞めて早く起業したい!!」という人もいますが

会社を楽しむ方法なんていくらでもありますし、

単にその会社が合わないだけかもしれませんしね。

 

そして、会社に属していても「自分で稼げる力」も付けておくと

人生をより楽しめるんじゃないかなと僕は思います。

 

結論…

 

ということで記事冒頭の質問の回答としては

「自分で何かしらの事業を起こすと簡単に収入をあげられます。」

というのが僕の回答になります。

 

その上で生き方としては

・会社勤めで給与を伸ばすのか

・自分で事業を立ち上げるのか

・その両方をやっていくのか

・または投資の方に移っていくのか。

 

色々な手法はあると思うんですけど

自分に合ったやり方でやっていただければなと。

 

ただ、一つ言えるのは

「自分で事業を起こしてお金を稼ぐ力」

をつけておくと非常に人生が豊かになると断言できます。

と、そんなところで今回は失礼します。

 

 

 

============================

記事執筆者はこんなひと→プロフィール。

 

このブログの人気記事はこんな記事→人気記事一覧