こんにちは。田岡です。

 

めっっっっっっちゃ久しぶりの更新ですね!!

 

まさかここまで長くなってしまうとは、、、だらけグセが出たかもしれません。

とはいえ、ここ最近精神的にも仕事的にも忙しすぎてなかなか更新できませんでした。

 

見事に盛大な失敗をやらかしましてね。。。

ひとまず、笑い話に出来るくらいにはなったのでようやくブログも更新していこうかなと。

 

そんなわけで今日のお題へ。

 

日々を明るく楽しく生きるためには??

いろいろと僕もありましたが、世の中の人でもなかなか明るくなれないとき

気分が沈んでしまうとき、苦しいときってあると思います。

(というか僕はあります。)

 

今回はそんな時に僕が今まで振り返ってきて

乗り越えてきたルールを載せておこうかなと。

 

 

一つ 笑う、人前では明るく振る舞う

 

これは基本ですね、非常に当たり前です。

人に当たり散らすと本当に良いことがないです。

 

癇癪起こす人が嫌われるのは当然っちゃ当然かもですが

意外と多いことが真面目な人が、

むしろ人の為を思っているけども問題が発生するという苦しい無限ループです。

 

人間関係で失敗するときってどんな時なのか??っていったら

「この大変さ、苦しさをわかってくれよ」

と相手に対して自分の負の状態の理解を求めた時。

 

というのが実は非常に多いんですよ。

 

まぁ、、、経験談なんですが。

 

特に自分が相手に尽くしている気持ちを持っていたりするとその相手に対してはなおさら理解してほしいもの。

非常にこの気持もわかるものなんですが、、、

直接的に相手に対して訴えかけるっていうのは

タイミングを間違えると「とんでもない逆効果」になっちゃったりするんですよね。

 

なので、色々とポイントはあるんですが

まず一緒にいるときは相手を笑わせたり、楽しませる。

これを忘れないでいると、意外と気持ちが楽になってきたりしますよ。

 

相手のことを楽しませるって必然的に興味を相手に向ける必要がありますからね。

 

 

 

2つ 明けない夜はない

苦しい日々も明けない夜はないっす。

 

お世話になっている人が昔よく言ってた言葉ですが、

まー本当にそのとおりだな-と。

 

結局なにか挑戦をして生きていたら、辛い時は辛いし、楽しいときは楽しいんですよ。

どれだけ頑張っていたところで人は一人じゃミスることもあるし間違えることもある。

 

そういうときは辛いこともありますが結局の所頑張ってどうにかするしかないし

頑張っていたら楽しくしないと損だし、

そうしたら楽しい時間がまた戻ってきます。

 

もちろん、ただ時間の経過を待つだけっていうのは全てにおいて当てはまる法則でもないですが

それでも、時間が立つことで解消される問題っていうのもあります。

 

少なくとも一生涯続く苦しみなんてそうそうないですし、

ある程度気楽に生きればいいんじゃなかろうかと。

 

 

3つ 成功なんてものは紙一重

いろんな失敗をやらかしてきて思うことなんですけども、、、

結論、何かしら頑張ってたり方向性が間違っていなければ

 

その人がとっている「行動」って大して間違っているわけではないんですよね。

 

例えば、いわゆる「彼女が彼氏に尽くしすぎて、相手をダメ男にしちゃう」

みたいな話もありますが、、、

 

これだってぶっちゃけたところ

「彼女側からしたら何も悪いことはしてないじゃないですか??」

料理作ってあげたり、家事やってあげたりとかですよね?

 

もちろん、結果論としてはやらないほうが相手がやる気になって、

いい関係が築けた。っていうのはあるかも知れないですが、

 

正直に、失敗している人も成功している人も

やっていることなんて大差はないんですよ。

行動なんてものは心の持ちよう次第だし、

感情にぶらされずに適切な行動ができているかどうか??

目的意識の違いくらいです。

 

失敗した時って人はなんで俺はこんなにダメなんだ。。。って落ち込むと思いますが

必要以上に評価というか「セルフイメージ」を下げる必要ないってことですね。

 

歯車みたいなもので

うまく歯車が噛み合っていれば展開は好転していきますが

噛み合ってないといくら回したって、空回りするだけ。

 

ほんのちょっとした差なだけです。

 

 

4つ 何のために今の行動をやり続けているのか??

 

あとは結構重要だよなーと思うことが

何のために、自分が今の行動をやり続けているのか??

 

これを己に問い続けるのは

自分の中に確固たる芯を作るためにも重要だなって思います。

 

なんでその会社で働いているのか

なんで今はフリーでやっているのか

なんでその立場でやっているのか?

なんでその業界に関わっているのか?

なんで自分は今その場所にいるのか??

 

 

なんで、なんで、なんで、なんで、なんで、なんで、なんで。。。。。

 

「なんで?」を問い続けろ。

 

これはシンガポールにいるプログラマーが言っていた一言です。

 

試しにやってみたのですが、これは僕にとって非常に重要な習慣になりました。

意外とこういうことって誰しもが一度は考えたことがあると思うんですよ。

 

 

ただ、ひたすらに問い続けるっていうのは意外と経験した人が少ないように思う。

 

モチベーション云々の話に繋がるんですけども

「なんで?」を問うことで

 

自分の中で行動する理由を作り出そうとするんですよね。

 

なんとなく楽しく生きたいから~って動いていた人も、

楽しく生きるためには、仲間といることが重要で、

仲間といて楽しむためには色んな場所に言ったり、色んな経験をすることが重要で

色んな場所へ行ったり、色んな経験をするためにはお金が必要で

 

じゃあそのお金を稼ぐためには仕事をすることが重要で。

仕事をしてお金を稼ぐためには成果を出すことが必要で。

 

成果を出している人は責任を持っているから、責任をもつために業務を持つことが重要で。

 

みたいな。

 

また仕事チックな話になりましたが、

こんな形で「なんで?」を問い詰めることで、自分が行動する理由を自分で生み出せるんです。

 

 

まぁ最終的にはなんで行動をするのかって

自分のため

なんですけどね。

 

それでいいのではないかなーと。

 

自分のためと他者のためを重ね合わせる。

 

僕が今まで経験してきた中で失敗したときって

このバランスがきれいに崩れた時が多かったですからね。

 

根本的には人はわがままでいいんじゃなかろうかと思ってますよ。

 

 

と、ちょっとまとめ方がわからなくなったのでこのへんで!!

 

 

PS,Twitterでは適当に思ったことを毎日つぶやいてますので よかったらフォローしてください。