こんにちは。田岡です。

最近「インサイダーギルドってなんですか?」っていう質問がちらほら来ているので、まとめて回答しようと思います。

「雇われながら自由に生きることは可能なのだろうか?」

就職していると自由はない。起業しないと自分の裁量では生きられない。

世の中の大半の意見はこれですが、僕は「会社に所属するからこそ、自由に生きる道筋を掴むことも出来るんじゃね?」

「むしろソッチのほうが自分の成長にとっても、会社にとってもみんなにとって幸せなんじゃね?」と思ってます。

その理由は僕の過去の経験に起因するのですが、ひとまず僕が「インサイダーギルド」と名付けているコミュニティでは

僕の6年間におけるビジネス経験で学んだ、
経営論、コピーライティング、ネット活用法を含めた

自由に生きるための知識を提供して、集まったみんながより楽しく生きるためのイベント

を開催しております。

僕、田岡の6年以上に渡る試行錯誤の上でたどり着いた。新しい生き方も提唱していて、
このコンセプトに共鳴してくれた仲間が集って切磋琢磨する場所になってます。

一応下記にこのギルドを立ち上げるまでの僕のお話を書いておきましたが、

すでに参加を決めている場合はこちらからどうぞ。
(ギルドの参加は無料、退出は自由。色々と企画やプレゼントを行っております。)

 

「起業」を目指すことが、人を不幸にすることがある。

ふと今の生活を振り返ったときに、本当に、、、6年前は考えてすらいなかった人生を歩んでいるなと感じます。

年商30億超えのベンチャーグループの幹部という存在であれて、、その立ち上げから今まで関われて。

毎月は旅行だったり仕事だったりで外国やどこかしらに飛び回っていて。

その上で複数の会社の役員や、プロジェクトのリーダーを兼任していて。

決して楽な6年間ではありませんでした、失敗も数多くしたし、心が折れそうに成る時もありました。
それでも、僕は今も自分なりの「雇われながら自由に生きる生き方」を探し続けています。

圧倒的なお金がほしいと願ったわけでもなく、大きな夢があったわけでもなく、子供の頃からリーダーだったわけでもない。

僕は、流されて生きていく事を受け入れられる正確だったからか、
「起業」という生き方を目指し、大きな失敗を繰り返しました。

「すいません、大学を辞めさせてください」

そうやって親に始めて自分から土下座し、そのまま実家を家出し、一文無しのまま彼女の家に転がり込んだのが6年前。

当時の僕は大学生ながらにビジネスにハマり、取得単位も全ているのにもかかわらず、大学を休学し、ビジネスにのめり込んでいました。

親に借金がバレ、週8でバイトをしながら、スキマ時間にブログを書き、合間を縫って人と会い、セミナーに参加する生活。。。

 

その生活に限界を感じていたのと、半年間の休学が終わり、まだ大学の研究室に一年間通わなければいけないとなった4月。

新しく完全歩合制の営業組織に一員として入り、それで結果を出したかった僕は、寝ている父親を起こし、大学をやめたい旨を伝えたのでした。

「好きにすればいい、ただ、大学費用はしっかり返せ」

泣いている僕を見てそう話す父親。話し終わった後、僕はいても立ってもいられずに、彼女の家に逃げるように家出をしました。

「絶対に成り上がってやる、成功してやる」

もう捨てるものはなにもない。時間だけはたくさんある。

そう思い、僕はビジネスで成り上がる決意を固めたのです。

20人いる営業マンの中で、ダントツで一位の成績でした。

そうして始まった完全歩合の営業の仕事。「営業」という仕事は正直、人見知りな自分にとってはやりたくないものだけども、

「ビジネスで成功している人は営業力がある」

この言葉を信じていた僕は、成功には営業力が必要だと思い、ひたすらにのめり込みました。

毎日毎日、SNSでアポを取ってはカフェにいき、人と話す。

音声をこっそり撮っておいて、あとで聞き直し、内容を上司に話して、フィードバックをしてもらう。

そんな日々を繰り返して、はや3ヶ月間。。。。

僕の成績は約20人いる営業マンの中でも、ダントツで一位の成績でした。

 

 

 

 

 

ただし、下から数えて。

新しく入ってきた人や、自分よりも期待されなかった人が成績を上げ、自分は一向に結果を出すことが出来ない。

フィードバックされても、何が悪いのかわからない。
実際にデキる人のやり方を見ていても、なんでそんな話し方ができるのかわからない。
こうした方が良い、ああしたほうが良い、言われたことはやってみても、うまくいかない、裏目に出る。

どうしていいか、わからない。

毎日130円のスティックパンを買い、カフェの水とお茶でお腹を満たす。
コンビニバイトをして、廃棄をもらいながら、食費を最低限抑えるように生活する。

努力が足りなかったのかもしれません。やる人は確かにもっと頑張りますから。
才能がなかったのかもしれません。話せる人は最初から話せますから。
環境が悪かったのかもしれません。服もみずぼらしいし、ファッションも疎かったですから

結果として、僕はその営業組織で、まともな結果を出すことはありませんでした。

転機からの「雇われの道」へ

「社員として一緒にやらないか?」

営業組織に入りはや半年・・・結果が出せなかった僕は組織のMTGにも呼ばれず、宙ぶらりんな生活を過ごしていました。

営業を適当にやりながら、新しくその営業組織でぶっちぎりの一位(本来の意味です)を取っていた人が独立して立ち上げたベンチャー組織で、お手伝いとしてコンテンツ作成などを無償で手伝っていました。

そうして、手伝って2ヶ月ほどの日々が経過して、、、社長から誘いを受け、僕はとあるベンチャー企業の立ち上げメンバーとして参加することになりました。

幸い、僕はインターネットビジネスには真面目に取り組んでいたので、その知識がある人が社員で欲しかったということでした。

そうして、営業組織を抜け出した僕はそのグループにてひたすらに働き。

最初は下っ端、次に社員、次に役員、次には幹部へと経験。

様々な紆余曲折はあり、その中でも大きな経験もありましたが、結果としてその会社のグループが、今は年商30億円超えのベンチャーグループへとなりました。

「正しさ」ってなんですか?「成功」ってなんですか??

さて、ここまで見てもらったのは、僕の22歳の時と、その後のお話です。

僕は22歳、大学を辞め、営業という道で生きていこうとしていました。
むしろその前にビジネスにハマった段階から、色んな本を読み漁り、ブログを見て、なにかしら行動を起こさないと色々なことを行ってきました。

お酒が嫌いで、人と話すのが苦手なのに、イベントサークルの代表をやりました。

投資を学ばないとということで、借金までして投資ソフトを購入して投資をはじめました。

「営業力はすべての基礎」という本田健さんの著書に影響され、飛び込みの営業をやりました。

「成功には原理原則がある」という言葉を信じ、コンサルを購入し、ネットビジネスをはじめました。

いろんなことをやりました。

ただ、少なくとも、22歳の僕は傍目から見ても「成功者」とは言えなかったでしょう。

「投資をすることが重要」
「サラリーマンで生きていくのはラットレースに巻き込まれるだけだよ」
「経営者ですごい人はみんな変人」
「成功している人は失敗ばかりを繰り返すものだよ」
「営業力はすべての基礎だ」
「話すときは相手の言葉をオウム返しするといい」

いろんな言葉がありました。

しかし現実は僕は彼女の家に転がり込んでて、家賃も払えなくて、同級生は就職していて、お金もなくて、結果も出せない人間になってて、、、

なんのためにやっていたの?
なんでこんなことになっているの??
俺は一体どうなりたかったの??

そういう思いでいっぱいでした。

 

その反面、雇われてからの僕は客観的に見ても、その能力を確かに開花させていました。

「あの会社に行って本当に良かったね」
「着いて行って、大きく成長したよね」

そんなことを言われたのは一度や二度ではありませんでした。

だからこそ、僕は思うんです。

「成功するためには起業・独立をしなければいけない」

この言葉は、果たしてすべての人に当てはまるのでしょうか??

世の中の成功法則には、大きな穴がある。

「成功をしたければ起業か独立をしたほうが良い」
「将来的には投資をやったほうが良い」
「経営者、企業家は変人になったほうが良い」
「何かを成し遂げるには、一つに絞ったほうが良い」

きっとこれらの言葉は決して嘘ではないでしょうし、正しい側面もあるのでしょう。

現に僕も雇われの身になってから、「独立・起業」を考えたことは0ではありません。

しかし、最初から「独立・起業」を目指していた僕は、もしあのままその言葉に拘って自分で事業を持ち続けることを選択していたら、今の僕にはなっていないでしょう。

「起業・独立こそが正義」「サラリーマンなんて無駄でしかない」

どうにも、起業家の論調を見ているとそういう発信、スタンスが多いように見受けられます。

それは一つのポジショントークかもしれませんが、僕は必ずしもそれが正しいとは思いません。

かといって「サラリーマンでいれば一生安泰」「自分の身を弁えて、安定的に働きつづける事こそ至高」

というのも違うと思います。自分自身で人生は選択して楽しく出来るものでしょう。

 

「一人で起業して、自分の夢に向かってひた走るわけでもない。」

「一つの企業に就職して、そこに尽くすことだけを望むわけでもない。」

 

そんな僕自身の経験を伝えるために発足したコミュニティが「インサイダーギルド」です

それこそ当初はギルドを立ち上げることなど、考えてもいませんでした。

元々はこのブログも「社員のためになればいいな」と思い、見識を書いていたのです。

そのうちに、見た人からお礼のメールや相談のメールが届き、
意外と過去の僕のような悩みを抱えている方がたくさんいると知って、

「そういう人たちが自分の活かし方を知れる場を作ろう!」と思って立ち上げたのが「インサイダーギルド」です。

冒頭でお伝えしたようにインサイダーギルドのコンセプトは

「雇われながら自由に生きる仲間が集う場」です。

 

広く捉えていけば「人生を幸せに生きていこうよ!!」っていう風になるのですが、やはり人生の幸せは人それぞれ。

僕が提唱するのは「自分でやりたい夢とかがまだ見つかってなくて、だけども人のために動くことは好きで、自分のことを不器用と思う人でも、幸せになることはできるんだぜ!!」っていう事例になります。

こちらでは、主にギルドメンバーさんからの質問に答えたり、たまに限定の講義・イベントなどをお届けしてます。

今後のお伝えする内容をお伝えしますと。。。

・AかBか選択肢に迷った時、どっちをとっても美味しいと思える両取り理論
・同期20名で営業成績ドベだった人間が、雇われて自由に生きるための分散投資法
・口下手人間が立場を作り上げたコピーライティング(文章術)の源泉
・保険を作りながら挑戦ができる、最先端の雇われ論
・人間関係が崩壊した後、立て直しに耐え抜いた結果。
・組織にいたら会社の能率が倍以上に跳ね上がる、No2理論
・仕事に全力になりながら、プライベートを楽しむ方法。
・現代日本人の人生が強運になる、マインドセット

などをお伝えしていく予定です。

いわゆるお金の稼ぎ方とか、当たり障りのない自己啓発とかでもなくて、

僕自身が6年間以上葛藤して発見していった「人生を楽しむ秘訣(と思われるもの)」をお伝えしていきます。

見てもらえれば分かる通りなのですが、インサイダーギルドは「良いところ取りが好きな人」が集まるコミュニティです。

「Aが良いよ!Bの方が良いよ!!」というだけじゃなくて、

「いや、両方使ってしまえば良いんじゃない?Cがいいんじゃない?」というような。

「雇われることのメリット」と「自分で働くことのメリット」も両方両取りしてしまうような

わがままに人生を生きていこうぜ!!というコミュニティになります。

 

なので、基本的には誰でもウェルカム、退会もご自由に、再入会も問題なし。

という形です。

強いて言うならば、「こういう生き方が至高だ!!この生き方以外をしている人は糞だ!!」と自分の意見を他者に押し付ける人は、このコミュニティには向いてないかもしれません。

そうでない人は是非、ギルドメンバーとして一緒に人生を楽しむ「何か」ができればなと思ってます^^

もし興味がある方は、こちらのリンクからインサイダーギルドに入会してみてくださいね。

インサイダーギルド入会フォーム
(クリックorタップでフォームへ移動します)

 

一応よくある質問にお答え致します。

Q インサイダーギルドは本当に無料なのですか?あとからお金がかかるとかはないですか?

A はい、無料です。
→後からお金がかかるとかは一切ないのでご安心ください。
書いてあるとおりですが、入った後は退会も自由ですし、その後の再入会も自由です。

Q インサイダーギルドに入っている人はどんな人が多いのでしょうか?

A 基本的にはサラリーマンで真面目な方が多いです。
→とはいえ、経営者の方もいれば、起業家の方もいますし、フリーで仕事をしている方もいらっしゃいます。
比率としては企業に属して入るけども、なにかしらをやっている、やった経験がある。という方が多いですね。

性格的には穏やかで柔軟な方が多いイメージです。

Q 実際に入って何を学ぶ事ができるのでしょうか?何を得られるのでしょうか?

A 実際に何が得られるのか?という件に関しては、正直に入ってみて確かめてみてもらうしかありません。
→具体的なもの、知識に関しては、上記の文章に記載済みとなります。
ギルドメンバーさんには、メンバー通信として僕からメールをお送りしています。

イベントやセミナーを開催することもあります、音声もお届けすることがあります。

その中であなた自身の人生にヒントとなる何かが入っていることがあるかもしれません。
メンバーさんからの質問にはお答えしているので、その音声や回答が参考になったと言う声は多数頂いております。

Q とりあえず入って損はないものでしょうか?

A 僕のことが嫌いでないならば、間違いありません。
→インサイダーギルドは、僕自身が歩いてきた【雇われながら自由に生きる生き方】の系譜を見れる場所でもあるし、
これから一緒に未来を作っていくコミュニティでもあります。

また、僕自身が、この6年間の経験を経て、過去悩んだ時、こういったコミュニティがあれば、場所があれば、言葉があれば良いなと思って発足したコミュニティです。

入って損はさせません。一緒に未来を楽しみましょう^^

 

それでは、ここまで説明を読んでいただき、ありがとうございました!!

インサイダーギルド入会フォーム
(クリックorタップでフォームへ移動します)

 

PS,僕が発信する内容の多くは、インサイダーギルドメンバーの疑問とか悩みへの回答です。

なので、僕で良ければなにか相談したい。という人も、インサイダーギルドから相談を送ってみてください^^

 

============================

記事執筆者はこんなひと→プロフィール。

 

このブログの人気記事はこんな記事→人気記事一覧