こんにちは。田岡です。

早くも記事更新が途絶えるところだった・・・笑

これはあれですね。普通に記事を書き溜めておかないと簡単に記事更新が止まってしまいますね。

いろいろと書くネタは浮かんでいますので随時書いて常に皆さんには新鮮な記事をお届けしたいと思います。(言葉遣いもよくわからない状態ですが一気に書いてますので、後から修正していきます)

箱根の合宿に来てみました。

本日は、もともと学びを受けている人の集まりがあるということで箱根にビジネス合宿に来てみました。

僕は幹事という立場で予定も立てていたのですが、やはりこういうコミュニティで僕のように雇われている人間というのは珍しいらしく、僕以外の全員が自分一人で事業を回している人たちでした。

とはいえ、変に利害関係がないからこそ話せることも多く、普段人には話せないような悩み、経験、相談など色んな話がアチラコチラに飛び交いました。

(個人的には「田岡さんはコミュニティに属しながらもご自身で活動をされているから、ある意味では一番難しい立場をやっているんだと思います」という言葉が僕の中ではありがたいお言葉ではありました)

とはいえ、個人でやっている人たちも個人でやっている人ならでは悩みがあるみたいでして、切磋琢磨出来る仲間がいなかったりとか、ほんとうの意味での繋がりがなかったりなど、様々な葛藤があるということで非常に勉強になりました。

僕としてもこういう機会があるというのは非常にありがたいものでして、やはり外からの視点や今まで感じることができなかった視点を得ることが出来ます。自分がコミュニティに所属していると常に共有していると自分がぶれてしまったりする危険もありますが新しい視点は常に入れていくと良いと思います。

利害関係のない関係も一つあり。

あくまでこれは思うことでもありますが、「利害関係のない関係の友達」というのも人生を生きる上では非常に重要な存在になるんじゃないかなーとか考えてます。

というのも、普通に生きていたら相談したいこととか、ただただ悩みを話したい。なんて時は誰でもあると思うんです。

相談って難しいもので、相談一つとってもある程度立場が伴ってくると責任も入ってきます。

誰かに相談したいんだけども、それが自分と関係性が強い相手の場合。利害関係とか後々の影響を考えたら相談をしない選択肢のほうが実際には正解である。ということもあるかもしれません。

そんなときに強いのが、その状態を共感は出来ずとも理解はした上で第三者の意見をもらえたら、その意見を参考にしつつも冷静に自分を客観視出来る材料になり得るなと。

実際にこれは僕もそう思う瞬間はありますし、たまに経営者さんの悩み相談をありがたいことに頂いたりしますが、当てはまる要素は多々あるかなと考えてます。

少なくとも、自分自身で全てを抱え込みがちな人は、そういう第三者を作っておくというのは一つの選択肢でありかなーとも思います。

そういった人がたくさん多すぎて、誰に相談したら良いかわからない〜!!となるのはある意味では本末転倒かなとも思いますが、別に、「本来答えって一つではありません」誰の意見を取り入れるも、自分の行動としてどう反映させるも自分次第ですし、それでいい方向に向かえば結果としてはオーライじゃないかなと。

あくまで個人的な意見でしか無いんですけどね。

本日の一言

 

後手後手に行動をしていると、いつかそのしっぺ返しがくる。行動は常に迅速に。出来ることは即座に終わらせる。

そうしておくことで余裕ができるし余裕は良いパフォーマンスを生む。逆をお話すれば後手後手に行動しているとそれはいつか辛い結果として帰ってくる。攻撃は最大の防御。常に先手を取り続けることは、毎日にプラス1する結果につながるし、いつかそれは大きな財産になると考えてます。

PS、このブログを更新したのが23時33分。。。

毎日更新をコミットしてまさかの次の日に更新不可能とかとんでもない記録を打ち立ててしまうところでした。

別に誰が損をするわけではないですが言ったことを守れないのは自分にとって良くないので意地でも更新はしていきます。それこそ「後手後手の対応」は良くないですよね。

 

============================

記事執筆者はこんなひと→プロフィール。

 

このブログの人気記事はこんな記事→人気記事一覧