こんばんは、エガリテです。

 

「起業・独立をしたほうがいいのか??」

 

この疑問を持ったことがある人は、会社員で

ある程度情報収集をしている人はだれしもが思ったことがあるのかもしれません。

 

かという僕自身もかつては普通に

義務教育→大学生→一般就職

 

を考えていた身ですし、そのとおりになると思っていました。

 

まぁ蓋を空けてみたら見事なるドロップアウトをかましたわけですが・・・。

 

ただ、この詳細を実際にグループ企業に属しながら

経営してる立場でもあり、雇われの立場でもある僕からお話ができればなと。

 

結局のところ起業・独立とサラリーマンどっちのほうが良いのか?

 

結論から言ってしまうと

僕としては起業したほうがいいのか?サラリーマンでいたほうが良いのか?

は目的と状況によって変化します。

 

僕としては起業・独立に関しては

「完全に雇われのみではなくなること」

 

をここでは一つの定義として話せればなーと思っています。

 

極端に言えば、雇われていたサラリーマンが

その会社をやめて、お給料をもらえなくなったらそれが独立。ってことです。

 

「目的と状況によって変わる」ってどういうことなのか?

って言うことですが、

 

 

これには一つ明確な基準を僕の中では定めていて

 

より自分自身が成長できる選択肢が正解である

と考えています。

 

結局のところ、自分がどれだけ人生を楽しめるか?

そしてどれだけ経済的自由を掴み取って、幸福度を高められるのか?

は自分の能力値に比例するものと考えています。

 

当然ながら、仕事ができる人は仕事を楽しめますし

遊びができる人は遊びを楽しめます。

 

そういった諸々の面含めて自分の能力値を高めることが正解かなと。

 

だから、独立をすることが

自分の成長、挑戦にあまりつながらないならば僕は独立は安易にオススメしません。

 

たまーにやたらめったらと独立、起業を進める人がいますが

それは「成長」という観点からした時に

すべてが正解とはなりえない。

 

ということですね。

 

その組織にとどまることでより自分を高められる場合もありますし

逆に組織から離れることで自分を動かす強制力が無くなってしまって

全然収益値も発展性も落ちてしまった・・・。

 

という例だってあるのです。

 

 

「いやいや・・・・そんなこと言っても一人のほうがやりがいがあるし

自分一人で何とかしないといけないから力がつくんじゃ?」

 

という意見もあるかもですが、

独立するにしても、組織に残るにしても、

重要だと捉えておいたほうが良い点が一つありまして。。。

 

圧倒的な能力、成長率を誇るスーパーマンが近くにいるのか?

これが一つ重要かなと。

常に高みを目指して、そして常に挑戦して成長していく人。

そういう人と常に近くにして刺激をもらい続けられる環境が大切です。

 

実際問題、僕が独立をしないのはそれが一つ大きな理由です。

常に高みを目指し、成長している人が

 

トップを含めて多いから。です。

 

だからこそ、そのそばにいる自分も必然的に挑戦をすることになるし

成長していけるから。

 

あとは実際にそのひと達と一緒に仕事をすることや

一緒に遊ぶことが純粋に楽しいから。というのも大きな理由ですが^^

 

 

なんにしても、一つ「成長」ということを軸に置いたら

起業がいいのか?独立がいいのか?雇われが良いのか?

 

というよりも

 

どのような人を周りに囲まれて仕事することになるのか??

 

が非常に重要ですね。

 

起業も、雇われることも、自分の環境を構築する一つの手段に過ぎません。

 

なのでどちらのほうがいい。とかではなくて

 

「自分がより成長をするためには、

自分がレベルが高い人に囲まれて過ごしていくには?」

 

どういった選択肢を選べば良いのか?

 

一つその観点を持って、行動を選んでみるとまた何か見えるものがあるかもしれませんね。

 

 

 

 

メールマガジンやっております。