こんにちは。エガリテです。

 

あまり、馴染みのない言葉ではありますが

「コンサルティング」という言葉があります。

コーチングだったり色々と名称がありますし

 

世の中の大抵の人がこの言葉を聞いたら

「あぁ、外資系の企業のコンサルティング会社のこと?」

「経営コンサルタントとかいるよねー」

とイメージされることが大半かもしれません。

 

しかし、僕の中でこの「コンサルティング」という言葉は

非常に身近で、重要な意味を持っています。

 

そして、「コンサルティングの価値は?」この点に関してお伝えする。

今回はそんなお話。

 

「コンサルティング」は身近に存在する?

実際にコンサルティングと聞くと、あまり縁のない言葉だと思いますが

意外と「コンサルティング」はあなたの身近に存在します。

 

というと、僕もかつてはいわゆる「インターネットビジネス」のコンサルティングを

受講している時もありましたし

かつては恋愛のコンサルティング、他にも色んなコンサルティングを

受講したことがありました。

 

そう、実は「コンサルティング」とは

企業がやっていることでもなく、個人がやっていることもある世界なのです。

(一応、僕も法人や個人さんにコンサルをすることはあります)

そういった世の中にたくさんあるコンサルティングってどうなの??

もしかしたらあなたも何かしらのコンサルを受けたことが

ひょっとしたらあるのかもしれません。

 

「コンサルティング」というのは基本的には情報のやり取りが主になるため

掃除機や洗濯機のような家電みたく、実際に物があるわけではありません。

 

なので、その価値判断に関しては「受け手側がどう思うのか?」に全て一任されます。

 

世の中には当然、そういったコンサルを

否定している人もいます。批判的な人もいるでしょう。

 

が・・・・

 

コンサルティングのその価値を引き出すかどうか?は本人次第である。

これが真実だと思います。

どれほど販売者が「このコンサルには価格以上の価値があります!!」

と話したところで、その価値を感じるかどうか?は相手次第です。

 

となれば、もし、自分がコンサルを受講したとするならば

「その価値の提供を待つのではなく、その価値を受け取るように自身が行動する」

 

というのが一番のコンサルの活かし方なのだろうと。

 

もちろん、世の中には本当に薄っぺらいPDF一枚渡して終わり

みたいなのもありますが、それすらも活かせるように行動できれば最強だと。

(でも、実際にそれは客観的に見て詐欺だと考えてます)

 

僕自身、今まで受けてきたコンサルティングに関しては

その販売者に対してやたらめったらと質問を投げかけ、

そして知識を吸収することを意識してきました。

 

これは正直にお金を払ってなかったら出来ていなかったなーと。

むしろ、お金を払うからこそ、ガンガン質問ができる形です。

 

 

一つ考える極意があるとすれば

コンサルティングは販売者との関係性の構築が出来ることが一番のメリットである。

ということですね。

 

そこで得られる知識や経験もたしかに重要なんですが

実際のところはそこが一番の恩恵だなーと感じます。

 

そこで本物の人との繋がりができるからこそ

また一段自分がレベルアップするために、そのコンサルティングサービスが真価を発揮するものだと思いますね。

 

 

PS,先日、昔コンサルを受けていたコピーライターの人と

飲みに行きました。

別段すごい話とかはしていないんですが、昔カフェで初めてあった際に

色々と話してもらったのが、こんな関係になれるのは素直にありがたいなと。

 

感謝感謝の毎日ですね。本当に。

メールマガジンやっております。